モラルハラスメント

 

モラルハラスメント(モラハラ)とは、
強い言葉や態度などによって相手の心を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのことです。

職場上で上司と部下などの力関係を背景に行われるパワーハラスメント(パワハラ)や、
性的な嫌がらせであるセクシャルハラスメント(セクハラ)も、
モラルハラスメント(モラハラ)の一種になります。

 

私達は『おしどり夫婦』だと思っていても、
知らぬ間に配偶者の心を傷つけていて、積もり積もるということもあるようです。

 

ただ、その言葉や態度がモラルハラスメント(モラハラ)に当たるか、
離婚の原因として主張出来るのか。
本人だけの思い込みでは、相手に対しては弱い主張になります。

 

モラルハラスメント(モラハラ)を受けて離婚を考えている場合、どのように、何をもって主張すべきか。
モラルハラスメント(モラハラ)の加害者として離婚を迫られている場合、どのように対処すべきか。

 

多くの離婚問題に取り組む当事務所へお尋ねいただくことが、解決の近道になります。
ひとりで悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

☎0294-33-6622受付:平日9:00~20:00(土日祝休み)

メール受付